note
      Beautiful scenery of the world that connects, connects, and connects
                                   

 Italy  ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「ローマ歴史地区」

世界遺産「ローマ歴史地区」

紀元前753年に建国されたと伝えられるローマは共和国を経て巨大な帝国へと発展し、4世紀にはキリスト教世界の中心地ともなった。

世界遺産「トレビの泉」

世界遺産「トレビの泉」

ローマの噴水の中でもトレヴィの泉は、映画「ローマの休日」や映画「甘い生活」などでも象徴的に描かれた、定番中の定番観光スポットです。

ローマの「サンタンジェロ城」

ローマの「サンタンジェロ城」

ローマのテヴェレ川右岸にある城塞である。 正面にはサンタンジェロ橋がある。 約700メートル離れたバチカンのサン・ピエトロ大聖堂とは城壁上の通路で繋がっている。

ミラノ

ファッションの街「ミラノ」

ミラノは、第一にファッションの街というイメージです。イタリアの最新モードはこの街から発信されています

世界遺産「ヴェローナ」

世界遺産「ヴェローナ」

イタリア北部にあるベネト州の都市で、蛇行するアディジェ川沿いには中世の旧市街があります。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の舞台としても有名です。

世世界遺産「ピサの斜塔」

世界遺産「ピサの斜塔」

ピサの斜塔は、イタリアのピサ市にあるピサ大聖堂の鐘楼であり、世界遺産「ピサのドゥオモ広場」を構成する観光スポットである。

世界遺産「ベネチア」

世界遺産「ベネチア」

ベネチアは、アドリア海のラグーンに浮かぶ 100 を超える小さな島々からなります。カナルグランデをはじめとする運河沿いにはルネッサンス様式やゴシック様式の宮殿が並んでいます。

世界遺産「ジェノバ」

世界遺産「ジェノバ」

世界遺産ストラーダ・ヌオーヴァストラーデ・ヌオーヴェは、「新しい街路群」の意味で、ジェノヴァで16世紀に整備されたストラーダ・ヌオーヴァと、それ以降の時代に出来た二つの街路。

ポッカダッセ

美しい漁村「ポッカダッセ」

ボッカダッセは、地中海を臨む小さな湾に面した村全体に、パステルカラーの家々が所狭しと建ち並ぶ、おとぎ話に登場しそうな景勝地です

世界遺産「ナポリ歴史地区」

世界遺産「ナポリ歴史地区」

南イタリア最大の都市、ナポリ。風光明媚な湾岸都市には、大聖堂や教会、お城など、古代歴史の名残を体感できる遺物があふれています。

世界遺産「アマルフィ海岸」

世界遺産「アマルフィ海岸」

アマルフィ海岸はイタリアのカンパニア地方のソレント半島南岸にある海岸線で、その長さは 50 キロに及びます。

世界遺産「ポンペイの遺跡」

世界遺産「ポンペイの遺跡」

ポンペイが遺跡となったのは79年8月24日のこと。ヴェスヴィオ火山が突如噴火し、街を完全に飲み込んでしまいます。これにより、ポンペイは完全に地中に埋もれてしまいました。

世界遺産「ナポリ歴史地区」

世界遺産「オルチャ渓谷」

「ヴァル・ドルチャ」、訳して「オルチャ渓谷」。イタリア中部に位置するトスカーナ地方にまたがる地域で、なんとも言えぬ幻想的な絶景を目にすることができます。

世界遺産「フィレンツエ」

世界遺産「フィレンツエ」

フィレンツェはイタリアのトスカーナ州の州都であり、ルネサンス時代の数多くの傑作と建築で知られています。

世界遺産「モンレアーレ大聖堂」

世界遺産「モンレアーレ大聖堂」

パレルモ観光の目玉とも言うべきモンレアーレのドゥオーモ。実際にはパレルモから約8km離れていて、行政的にもパレルモとは別の街です。

マッシモ劇場

マッシモ劇場&パレルモの街並み

ヨーロッパで3番目に大きいオペラ劇場で、外観は新古典主義様式で、内部はリバティ様式のとても優美な劇場となっている。

世界遺産「カテドラーレ」

4世紀頃キリスト教の教会として建てられたが、9世紀頃イスラム帝国支配下でモスクに改装され、そして再び、1184年にシチリア・ノルマン様式で創建された。

世界遺産「ストロンボリ島」

世界遺産「ストロンボリ島」

イタリア、シチリア島北方のストロンボリ島にそびえるストロンボリ火山(標高924メートル)。1000年以上ほぼ途切れることなく噴火し続けている“地中海の灯台”である。

 Vatican   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「バチカン市国」

世界遺産「バチカン市国」

バチカン市国はイタリア・ローマ北西部、テベレ川の右岸にある世界最小の独立国家で、首都はバチカンです。

スペイン
 Spain   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産サクラダファミリア

世界遺産「ガウディの作品群」

アントニ・ガウディは、スペイン、カタルーニャ出身の建築家。19世紀から20世紀にかけてのモデルニスモ期のバルセロナを中心に活動した

世界遺産グエル公園

世界遺産「グエル公園」

バルセロナ市北部にあるグエル公園は、建築家アントニ・ガウディによる作品が楽しめる世界遺産です。

世界遺産「カサ・ミラ」

世界遺産「カサ・ミラ」

カサ・ミラは、バルセロナのグラシア通り にある建築物である。ガウディが54歳の時に設計した。1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設された。

世界遺産「カサ・バトリョ」

世界遺産「カサ・バトリョ」

カサ・バトリョは、スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。

世界遺産「サン・パウ病院」

サン・パウ病院(Hospital de Sant Pau)の正式名称は、サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院と言い、その起源は古く1401年まで遡ります。

バルセロナの「カタルーニャ広場」

バルセロナの「カタルーニャ広場」

カタルーニャ広場はスペイン、バルセロナにある広場であり、この広場がバルセロナの中心と考えられている。 観光地でもあり、また都市交通の拠点でもある。

世界遺産「アルハンブラ宮殿」

世界遺産「アルハンブラ宮殿」

アルハンブラ宮殿は、スペインのアンダルシア州グラナダ県グラナダ市南東の丘の上に位置する城塞・宮殿である

世界遺産「コルドバ」

世界遺産「コルドバ」

コルドバ歴史地区は後ウマイヤ朝の都であったコルドバにある世界遺産地域。メスキータやローマ橋などの建造物とユダヤ人街が登録されている

スペインの首都「マドリッド」

スペインの首都「マドリッド」

マドリッドは、スペインの首都である。マドリッド州の州都であり、マドリッド州の唯一の県であるマドリッド県の県都でもある。 

コンスエグラ風車群

コンスエグラ風車群

現在は稼動していないコンスエグラの風車群は、聖ヨハネ騎士団の要塞が残るカルデリコの丘の稜線に沿って配置され並んでいる。

世界遺産「サンティアゴ デ コンポステーラ」

世界遺産「サンティアゴ デ コンポステーラ」

サンティアゴ デ コンポステーラは、スペイン北西部に位置するガリシア州の州都です。この町はサンティアゴ巡礼路の最終地点として知られ、聖書に登場する使途聖ヤコブの墓があるとされる場所です。

世界遺産「トレド」

世界遺産「トレド」

トレドはスペイン・カスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都であり、トレド県の県都である。マドリードから南に71kmの距離で、タホ川に面する。

世界遺産「バレンシア」

世界遺産「バレンシア」

バレンシアは、地中海に面した1年を通じて温暖な気候のリゾート地であり、スペイン第3の都市として知られています。

白壁の街「ミハス」

白壁の街「ミハス」

真っ白い壁と、小さな坂道と小道、日本にも人気のスポットです!日本人観光客が多いせいか、日本語表示してある品物や、日本語の看板も街中に点在しています。

絶壁の街「ロンダ」

絶壁の街「ロンダ」

アンダルシア地方の山岳地帯に位置するロンダは、断崖絶壁の上に築かれた長い歴史を持つ街です

世界遺産「ラス・ファレーラス水道橋」

世界遺産「ラス・ファレーラス水道橋」

悪魔の水道橋と言われるローマ時代の水道橋です。タラゴナの北15キロにあるフランコリ川からタラゴナまで水を供給するために作られたもので、実際行って見るとかなりの迫力なので行く価値ありです。

洞窟フラメンコ

グラナダの「洞窟フラメンコ」

洞窟フラメンコのタブラオでは、各ステージ2~4名のダンサーが登場します。狭い洞窟なので、ダンサーのほとばしる汗がかかりそうな程間近で見ることができます。

テネリフェ島

テネリフェ島の「サンタ・クルス・デ・テネリフェ」

スペイン・カナリア諸島にある一番大きな島・テネリフェ島。「大西洋のハワイ」とも呼ばれ、ヨーロッパの人たちにとって有名なリゾート地です。

世界遺産「サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ」

世界遺産「サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ」

スペインカナリ諸島の1つ、テネリフェ島北部の街サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ。

スペイン
 Portugal   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「ジェロニモ修道院」

世界遺産「ジェロニモ修道院」

ジェロニモス修道院は、ポルトガルの首都リスボンのベレン地区にある修道院であり、世界遺産「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」の構成資産のひとつである。

世界遺産「ベレンの塔」

世界遺産「ベレンの塔」

ベレンの塔はリスボンのベレン地区にある塔で、「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」の構成資産として世界遺産リストに登録されている。

ポルトガルの首都「リスボン」

ポルトガルの首都「リスボン」

テージョ川の丘陵地帯が広がるポルトガルの首都です。壮大なサンジョルジェ城からは、旧市街に立ち並ぶパステルカラーの建物、テージョ川の河口4月25日橋と呼ばれる吊り橋等街並みを一望できます。

世界遺産「ポルト」

世界遺産「ポルト」

ポルトガル第二の都市ポルト。ポートワインの積出港として知られています。ローマ時代にはポルトゥス・カレ(カレの港)と呼ばれ貿易で栄え、ポルトガルの国名の由来にもなりました。

ユーラシア大陸最西端「ロカ岬」

ユーラシア大陸最西端「ロカ岬」

ロカ岬は、ポルトガル共和国リスボン都市圏にあるユーラシア大陸最西端の岬であす。位置、北緯38度47分、西経9度30分。

世界遺産「ペーナ宮殿」

世界遺産「ペーナ宮殿」

シントラは、12世紀に、「レコンキスタ(国土回復運動)」を完了しており、14世紀頃には、ポルトガル王室の避暑地になっていたと言われています

リゾート地「ナザレ」

リゾート地「ナザレ」

ナザレは、銀の海岸(コスタ・デ・プラタ)に面したポルトガル屈指のリゾート地で、ポルトガル人をはじめヨーローパ各地から観光客が訪れます。

世界遺産「トマールの修道院」

世界遺産「トマールの修道院」

トマールのキリスト教修道院の特徴はマヌエル様式やロマネスク様式、ルネサンス様式など様々な様式が採用されていることです。

世界遺産「バターリャ修道院」

世界遺産「バターリャの修道院」

ポルトガル語で「戦い」の意味を持つバターリャ。街の中心には、ジョアン1世が1385年のアルジュバロータの戦いで、カスティーリャ王国軍を破った事を聖母マリアに感謝する為に建設された。

世界遺産「コインブラ」

世界遺産「コインブラ」

コインブラは1139年~1255年の間ポルトガルの首都として機能していた時期があり、その後の1290年にコインブラ大学が設立されたことにより、ポルトガルの文化的な中心都市となりました。

オビドス

「王妃の村」ポルトガルのオビドス

オビドスは、ポルトガルの七不思議のひとつで「谷間の真珠」とも称される、古い街並みを残す、城壁に囲まれた美しい村です。

大西洋の真珠「マデイラ島」

大西洋の真珠「マデイラ島」

マデイラ島は、年間通じて温暖な気候の美しい常夏のリゾート地!日本の奄美大島と同じくらいの大きさで、「大西洋の真珠」と称されています。

世界遺産「マデイラ島の照葉樹の森」

世界遺産「マデイラ島の照葉樹の森」

マデイラ自然公園にある月桂樹林は、世界最大の常緑樹林で、島そのものが世界遺産にも選ばれています。

スペイン
 Girisya   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「アテネのアクロポリス」

世界遺産「アテネのアクロポリス」

アクロポリス パルテノン神殿は、世界中の人々が必ず知っている世界遺産です。

アテネ国立考古学博物館

アテネ国立考古学博物館

アテネ国立考古学博物館は、ギリシア共和国のアテネに存在する国立博物館である。 ギリシア中のさまざまな古代遺跡から集められた最重要な遺物の数々を収蔵している。

ギリシャの世界遺産「ロードス島」

ギリシャの世界遺産「ロードス島」

ロードス島はギリシャのドデカネス諸島の最大の島で、ビーチリゾートや古代遺跡の他、十字軍として島を占領した聖ヨハネ騎士団が築いた建造物などで知られています。

ロードス島の「リンドス」

ロードス島の「リンドス」

リンドスは、エーゲ海のドデカネス諸島ロドス島東岸にあるギリシャの町および考古遺跡。

スペイン
 Maruta  ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

マルタの世界遺産「バレッタ」

マルタの世界遺産「バレッタ」

バレッタは、地中海に浮かぶ島国マルタの小さな首都です。1500 年代にローマ カトリックの聖ヨハネ騎士団が半島に築いた城塞都市で、博物館、宮殿、壮大な教会で知られています。

マルタ島の世界遺産「タルシーン神殿」

マルタ島の世界遺産「タルシーン神殿」

タルシーン神殿は、1914年地方の農民によって偶然発見され、その後、考古学者によって発掘された。

マルタ島「旧日本海軍慰霊碑」

マルタ島「旧日本海軍慰霊碑」

戦没者の墓は日英海軍の軍港だった場所に近い丘の上、英国海軍墓地の中にある。バレッタからバスで30分ほどだ

スペイン
 France   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

エミル・デュクロー公園

エミル・デュクロー公園

エミル・デュクロー公園は、「旧港」から、徒歩約20分くらいで簡単に訪れる事が出来るマルセイユで1番、綺麗な港の景色が見られる場所です。

マルセイユ旧港

マルセイユ市庁舎&旧港

1653年に建設されたマルセイユ市庁舎。マルセイユは第二次世界大戦中にドイツ軍の空襲を受け町の多くが破壊されてしまったが、マルセイユ市庁舎は数少ない歴史的建築物だ。

ユエクサン・プロバン

エクサン・プロバン

エクサン プロヴァンスは南フランスのプロヴァンス アルプ コート ダジュール地方にある大学都市です。

ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂

ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂

マルセイユを代表する観光の目玉の一つ。陽光溢れる市内のどこからも、また、海の上からもその堂々たる姿を仰ぎ見られるシンボル的存在です。

世界遺産「アルル」

世界遺産「アルルのローマ遺跡」

「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」は、フランス・プロヴァンス地方にあるユネスコ世界遺産のひとつ。

世界遺産「アルル」

ゴッホが過ごした町「アルル」

南フランスのアルルはゴッホが晩年過ごした町としても有名です。代表作である「跳ね橋」、「夜のカフェ・テラス」など、200点以上作品を制作している。

スペイン
 Germany   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

元世界遺産「ドレスデン」

元世界遺産「ドレスデン」

エルベ川に沿って広がるドイツきっての古都ドレスデン。壮麗なバロック様式の歴史建造物と、周囲の自然が織りなす美しい景観は、あの文豪ゲーテをして「エルベのフィレンツェ」と言わしめたほど。

世界遺産「サンスーシ宮殿」

世界遺産「サンスーシ宮殿」

ドイツ北東部の首都ベルリンから南西約30km、ブランデンブルク州の州都ポツダム市街の西に広がるサンスーシ公園北東部に建つロココ建築の宮殿。

世世界遺産「ツェツィーリエンホーフ宮殿」

世界遺産「ツェツィーリエンホーフ宮殿」

ツェツィーリエンホーフ宮殿は、1917年に当時皇太子であったヴィルヘルム・フォン・プロイセンのために建設された。 日本ではポツダム会談が開かれた場所として有名。

ドイツの首都「ベルリン」

ドイツの首都「ベルリン」

ベルリンはドイツの首都で、その歴史は 13 世紀にさかのぼります。20 世紀の激動の歴史はホロコースト記念碑や、壁面アートで彩られたベルリンの壁の跡地からも見て取れます。

スペイン
 Belgium   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「ブリュッセル」

世界遺産「ブリュッセル」

ブリュッセルは、EU 本部が置かれている都市でもあります。街の中心部にある大広場グランプラスには、17 世紀に建てられたギルドハウスが建ち並んでいます。

世界遺産「ブルージュ」

世界遺産「ブルージュ」

旧市街全体がユネスコの世界遺産に指定され、さらに鐘楼やベギン会修道院など2つの世界遺産を持つ街ブルージュ。

世界遺産「アントワープ」

世界遺産「アントワープ」

ベルギーのスヘルデ川沿いにある港湾都市で、その歴史は中世時代にまでさかのぼります。

世界遺産「ヘント」

世界遺産「ヘント」

ヘント は、ベルギー・フランデレン地域のオースト・フランデレン州にある都市で、同州の州都。 南東に位置するブリュッセル、北東に位置するアントウェルペンに次ぐベルギー第3の都市。

スペイン
 Holland   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「アムステルダム運河」

世界遺産「アムステルダム運河」

運河は中央駅を中心に運河とその町並みが扇状に広がっています。内側からシンゲル、ヘーレン運河、カイザー運河、プリンセン運河、シンゲル運河と広がります。

世界遺産「アムステルダム」

世界遺産「アムステルダム」

アムステルダムはオランダの首都で 17 世紀の黄金時代を今に伝える芸術遺産、優れた運河システムや切妻屋根の狭い建物などで知られています。

世界遺産「キンデルダイク」

世界遺産「キンデルダイク」

オランダのロッテルダムの南東に位置する風車群キンデルダイクは、その絶景からオランダの観光地として世界的に知られています。

テーマパーク「ザーンセ・スカンス」

テーマパーク「ザーンセ・スカンス」

ザーンセ・スカンスは、アムステルダムから40分ほどで行くことができ人気のスポットです。風車は、オランダ各地から集めらたものです

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館

中世・ルネサンス期から20世紀の西洋絵画史を網羅した所蔵作品の中でも、特に美術館の目玉作品であるレンブラントの「夜警」などの作品は決して見逃せません。

スペイン
 Austria   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「シェーンブルン宮殿」

世界遺産「シェーンブルン宮殿」

シェーンブルンとは「美しい泉」という意味。宮殿の名はこの地に湧き出す清らかな泉にちなんでいます。

世界遺産「ウィーン歴史地区」

世界遺産「ウィーン歴史地区」

歴史地区はリング状になっていて周囲を環状線の電車が走っています。1周は約20分から30分ほどでまわれます。

ベルヴェレーデ宮殿

ベルヴェレーデ宮殿

英雄オイゲン公の夏の離宮だった美しいバロック建築の建物。ベルベデーレとは「美しい眺め」という意味で、庭園から見る宮殿はまさに美しい眺望。

ウィーン国立歌劇場

ウィーン国立歌劇場

音楽の町ウィーンにふさわしいオペラの殿堂。現在の建物は1869年に落成し、グスタフ・マーラーが音楽監督を務めた時期に黄金時代を迎える。大戦による破壊を経て再建された。

スペイン
 Czech   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「プラハ歴史地区」

世界遺産「プラハ歴史地区」

プラハ歴史地区は、チェコにある1000年以上の歴史を持つ世界遺産。この町は「ヨーロッパの魔法の都」と称されています。

世界遺産「プラハ歴史地区の夜景」

世界遺産「プラハ歴史地区の夜景」

中世の街並みを色濃く残すプラハの夜景は、どこを見ても絵になります。限られた旅行日程の貴重な夜は、特に素敵な夜景スポットを絞って撮影しました。

世界遺産「プラハ城」

世界遺産「プラハ城」

プラハ城は、かつてボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城で、現在はチェコ共和国の大統領府のある場所です。

世界遺産「チェスキークルムロフ」

世界遺産「チェスキークルムロフ」

ヴルタヴァ川により二分された街には、13世紀に建てられた城がそびえ立っています。丸い鐘楼の上からは、旧市街と川の全景を見渡せます。

スペイン
 Hungary   ※ 写真をタッチすると詳細へ⇒

世界遺産「ブダペスト」

世界遺産「ブダペスト」

ドナウ川を挟み東のブダ側、西のペスト側では風景が異なっています。「ドナウの真珠」とも呼ばれるほど美しいドナウ川沿いの夜景を目当てに、訪れる観光客が絶えません。

ドナウ川「夜景クルーズ」

ドナウ川「夜景クルーズ」

ハンガリーのブダペストは、ヨーロッパ随一の夜景が美しい街として知られています。そんなブダペスト観光のハイライトとも言えるのが、ドナウ川の夜景クルーズです。